がんのもたらす苦痛とは

 

 がんの症状は様々な苦痛を伴います。眠れないほどの痛みや、強い倦怠感に多くの患者さんが苦しんでこられました。また抗がん剤の使用などに代表される治療がもたらす副作用も、患者さんにとっては耐えがたい苦痛の原因となります。

 身体の痛みだけでなく、不安や抑うつなどの精神的苦痛、苦悩、がんになったことによる仕事や家庭の問題、経済的不安なども患者さんを苦しめる要因となります。人生や自分の存在についての悩みなどのスピリチュアルペインを抱える患者さんも少なくありません。

zu1

【参考文献】
1)淀川キリスト病院編、ターミナルケアマニュアル(第2版)最新医学社、1992

 

緩和ケアとは

 このような問題を早期から正確に評価し取り除くことで、患者さんがご自身の生活を楽しみ、快適で穏やかな日々を過ごすことが出来るようにお手伝いすること(生命の質を向上させること)が緩和ケアの目的です。