医療従事者の方へ

 

<当院の緩和ケア理念>

 がんとともに生きる患者さんの「いのち」と生活の質を尊重して、ご自分らしい日々を送ることができるように、全力でお手伝いさせていただきます。

<基本方針>

  1. がんがもたらす様々な苦痛の緩和を目指します。苦痛を軽減することによって患者さんが、その人らしい「生」を全うできるように援助します。
  2. ご家族の不安やつらい気持ち、体の負担に配慮し、患者さんとより良い時間が過ごせるように支えていきます。また死別の後にいたるまで、ご家族を支援します。
  3. さまざまな苦痛が緩和できるように多職種の職員(ボランティアを含む)とチームを構成しケアを提供します。

<緩和ケア病棟入棟基準>

  1. がんの治癒や延命を目的とした治療が終了または休止している場合。
  2. がんに伴う身体的、精神的、社会的苦痛があり入院による緩和治療が必要な場合。
  3. 患者さんとご家族が緩和ケア病棟の方針を理解し、入院を希望している場合。社会的、経済的、宗教的な理由は問いません。
  4. 患者さんの意思が確認できない場合は、患者さんの意思を代弁できるご家族が緩和ケア病棟での治療を希望していること。

付記:患者さんが緩和ケア病棟に入院する目安

痛み・食欲不振・呼吸困難などの病状コントロールのため入院が望ましいと考えられる場合。

身体が衰弱して、自宅で過ごすことが難しくなった場合。

ご家族の事情等で、自宅での介護が難しくなった場合(介護保険のサービスやご家族間での

調整が出来ない場合のみ)など。

<退院基準>

  1. 患者さん、ご家族が退院を希望しているとき。
  2. 病状が安定したとき。
  3. 在宅ケアが可能と判断されたとき。
  4. 苦痛が軽減し、新たに抗がん剤治療や放射線治療を希望されるとき。
  5. 悪性腫瘍以外の並存疾患に対する治療を優先する必要があるとき。
    以上の場合退院や一般病棟への転棟となる。

 

【当院へ患者さんをご紹介いただく医師の方へ】

当院では、癌に罹患し緩和ケアを必要としている患者さんに対し、緩和ケアを提供する病棟を設けました。ご紹介をいただく際には入院基準等に照らしていただきご確認をお願いいたします。また事前に患者さん、ご家族へ緩和ケア病棟を紹介することについてご説明をお願いいたします。ご紹介をいただく際には、診療情報提供書等と共に患者状態確認書の準備をお願いしておりますので、ご協力をお願いいたします。

 

【相談日に持参いただくもの】

● 診療情報提供書

● 患者状態確認書

 PDF   Excel

● 検査データ(画像含む)

● お薬手帳

● 内服薬等

● 健康保険証(氏名・生年月日などを確認いたします)

 

【ご相談費用】

患者さんが来院された場合:保険診療となります。

ご家族のみ来院された場合:実費 2,000円のご負担になります。

 

【見学・受診・入院、お問い合わせ等の相談】

当院では、窓口として緩和ケア相談室を設置いたしております。担当ソーシャルワーカーがおり、基本的に平日の8時~17時(土日祝祭日除く)に対応させていただいております。ご相談、お問い合わせについては以下の番号に直接お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用ください。

◎ 電話(代表)0982-21-6381

緩和ケア相談室お問い合わせフォーム

 

【見学手順】

  1. 緩和ケア相談室へ連絡をいただく。

  2. 見学希望日時を確認して日程を決定し連絡する。

 

【受診・入院相談手順】

  1. 緩和ケア相談室へ連絡をいただく。
  2. 受診予約を確認し受診日の連絡を行います。
  3. 予約日に受診(本人・家族)していただく。
  4. 受診結果の報告。
  5. 入院予約日の連絡。
  6. ソーシャルワーカーとの面談(入院前説明)

ご紹介いただいた患者さんやご家族が自宅での療養を希望される場合には、ご協力をいただけますようにお願い申し上げます。