緩和ケア病棟 入院基準

 

緩和ケア病棟への入院基準

  1. nyuinがんの治癒や延命を目的とした治療が終了している場合。
  2. がんに伴う身体的、精神的、社会的苦痛があり入院による緩和治療が必要な場合。
  3. 患者さんとご家族が緩和ケア病棟の方針を理解し、入院を希望している場合。(社会的、経済的、宗教的な理由は問いません)
  4. ご家族が患者さんの意思が確認できない場合は、患者さんの意思を代弁できる方が緩和ケア病棟での治療を希望していること。
【患者さんが緩和ケア病棟に入院する目安】
  • 痛み・食欲不振・呼吸困難などの病状コントロールのため入院が望ましいと考えられる場合。
  • 身体が衰弱して、自宅で過ごすことが難しくなった場合。
  • ご家族の事情等で、自宅での介護が難しくなった場合(介護保険のサービスやご家族間での調整が出来ない場合のみ)など。

退院基準

  1. 患者さん、ご家族が退院を希望しているとき。
  2. 病状が安定したとき。
  3. 在宅ケアが可能と判断されたとき。
  4. 苦痛が軽減し、新たに抗がん剤治療や放射線治療を希望されるとき。
  5. 悪性腫瘍以外の並存疾患に対する治療を優先する必要があるとき。
    以上の場合、退院や一般病棟への転棟となります。