ご案内

内視鏡室

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の内視鏡室は医師5名(非常勤医師を含む)、看護師3名(消化器内視鏡認定技師)、助手1名で消化器内視鏡検査・処置・治療を年間4000件程行っています。

午前中は主として上部内視鏡検査、午後は下部内視鏡検査・治療、胆膵内視鏡検査・治療などのほか、早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)なども行っています。また、緊急な対処が必要である止血術や胆道ドレナージ術なども随時行っています。

スコープなどの機器においては、オリンパス社の内視鏡機器を採用し、安全かつ質の高い検査を提供しています。消化器内視鏡認定技師免許の取得も可能で、内視鏡関連の学会や研修などに参加し、個々の内視鏡技術の向上に努めています。
検査を安全・安楽にうけられるように、スタッフ全員で検査に取り組み、より良い看護、検査介助を心掛けています。

 

〈スコープや洗浄機など、安全かつ質の高い検査の為の機器〉

 

naishikyo内視鏡室2