医師事務作業補助者の配置目的

hojyo 本院が地域における急性期病院である事を再認識し、急性期病院の役割を果たす為、医師・医療関係職員・事務職員等との間で業務の役割分担を推奨して、医師の事務作業を補助する専従者(医師事務作業補助者)を配置する事により、本院勤務医師の負担軽減に対する体制を確保する事を目的としています。

方針

 良質な医療を継続的に提供するという基本的な考え方の下、医師が業務に専念する事により、効率的な業務運営がなされるように適切な人員配置の在り方や医師・看護師等の医療関係職員、事務職員等の間で適切な役割分担を行っています。

業務内容

 本院に勤務する医師事務作業補助者は本院直接雇用職員として、地域医療連携室に所属し、医師事務作業補助業務を専従で行っています。医師事務作業補助者は医師からの命を受け業務を遂行しますが、その業務簡易および業務内容について必要な研修を実施する役割として、医師事務作業補助者管理責任者を1名配置します。本院に配置する医師事務作業補助者は、常勤2名とします。

 責任者は医師事務作業補助者を新たに配置してから6ヶ月は研修期間として、業務内容に必要な研修を行います。研修実績にあたっては、最低6ヶ月の研修期間内に32時間以上の研修(医師事務作業補助者としての業務を行いながらの職場内研修を含む)を実施し、当該医師事務作業補助者は実際に病院勤務医の負担軽減に資する業務を行います。

 医師事務作業補助者は医師の指示の下に、診断書等の文書作成補助、診療録への代行入力、医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータの整理、院内がん登録等の統計・調査、医師の教育や臨床研修のカンファレンスの為の準備作業等)ならびに行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症サーベイランス事業に係る人力等)への対応に限定します。医師より新たな業務内容が追加される場合は、本規定を見直すものとします。なお、医師以外の職種の指示の下に行う業務、診療報酬の請求業務、窓口・受付業務、医療機関の運営、運営の為のデータ収集業務、看護業務の補助、物品運搬業務等については医師事務作業補助者の業務としません。

医師の指示による代行業務

・診断書作成(※但し、書類作成には必ず医師の署名を必要とする)
・電子カルテ代行オーダー入力(検査、処方、CT依頼箋入力等)
・診療情報提供書、返事作成
・患者プロファイル、退院時総括作成
・クリニカルパス入力

下記の委員会への参加

・医局会(毎週水曜日)
・診療録委員会(月1回)
・業務改善委員会(月1回)