ojt研修

OJT研修

目的

OJT研修実践を通して臨床現場に必要な知識・技術・態度を業務の中から選び、看護の質の向上に意欲的に取り組む姿勢を身につけること。

目標

チームメンバーとして業務を責任持って実施することができる。

対象

新入職者と希望者

テーマ 電子カルテの操作 ERCPの介助 トロッカー挿入介助 CV挿入介助
目標 入院から退院までの基本的操作ができる ERCPの介助内容が理解出来る トロッカー挿入の目的と介助の実際が理解出来る CV挿入時の介助の介助方法が理解できる。
内容 マニュアルに沿って
*各部署の「看護記録マニュアル1・2」を持参して下さい。
検査前処置、検査中、検査後の介助。
検査後の状態観察。
必要物品の準備
手順
注意事項
持続吸引器の取り扱い
CV挿入の目的・対象・必要物品の理解。介助の実際。
テーマ 硬膜外チューブ管理 エンゼルメイク 疼痛コントロール イレウスTB挿入介助
目標 硬膜外チューブの取り扱いと管理方法が理解できる エンゼルケア・メイクを学び理解することができる 当院の痛み止めの種類がわかる イレウスチューブ挿入時の介助方法が理解出来る
内容 ・硬膜外チューブとは
・薬液の注入方法
・留意事項
・観察ポイント
エンゼルケアの基礎知識とエンゼルメイクの基本手技について ①痛みについて
②除痛ラダーについて
③疼痛コントロールの方法
④当院の痛み止めの紹介
イレウスチューブ挿入の
目的・対象・必要物品の理解。
介助の実際
テーマ 注腸介助 ストマケアについて PTCD介助 胃洗浄介助
目標 注腸用チューブ挿入時の介助方法が理解出来る オストメイトについて理解しストマケアが出来る PTCD開始までの必要な準備ができ間接介助をスムーズに行う 胃洗滌の介助方法が理解できる
内容 注腸用バルンチューブ挿入の
目的・対象・必要物品の理解。
介助の実際
①オストメイトとは?
②ストマケアの方法
③ストマ周囲のスキントラブルについて
必要物品の準備
間接介助のポイント
必要物品の準備
手順
注意事項
介助の実際