看護助手研修

目的

病院の機能・組織・理念について理解し、職員として自覚と責任をもつこと。

看護助手として必要な知識・技術を習得し、患者様に安全・安楽な介護ケアの提供ができること。

項目 病院概要 感染予防対策 医療安全 待遇
目的 1.病院の機能について理解できる
2.看護部の役割について理解できる
1.感染予防の基礎が理解できる 1.安全について理解できる。 1.マナーの基礎が理解できる
内容 1.病院の方針、組織
病院沿革
病院診療実績
個人情報保護
1.標準予防対策
手洗いの重要性
2.感染症取扱い
医療廃棄物
3.消毒薬取扱い
1.療養生活の安全確保
2.事故の予防
3.事故発生時
インシデント
アクシデント
レポート
4防災
1.挨拶
言葉使い
態度
身だしなみ
2.患者さんへの関わり方
項目 教育体制 部署オリエンテーション 保清 環境整備
目的 1.院内の教育体制がわかる 1.病棟の構造・機能と1日の流れが理解できる 1.正しい手順で保清ができる 1.安全で快適な環境を提供する
内容 1.病院全体
看護部の教育体制
紹介
1.病棟の構造と機能、配置、物品場所、週間予定、1日の流れ
2.病棟目標
3.助手業務内容
4.スタッフ、患者への紹介
1.清拭
部分清拭
2.陰部ケア
3.足浴、手浴、洗髪
4,入浴、特浴介護、シャワー介護
5.口腔ケア
義歯取扱い
1.病室、廊下、洗面所、トイレ、別途周囲
2.スタッフステーション
、物品庫、リネン庫、汚物室
3室温調整
項目 ベッドメーキング 看護物品の取扱い 排泄 移乗・体位変換 食事
目的 1.正しい手順でベッドメーキングができる 1.看護物品の適切な取扱いが理解できる 1.正しい手順で排泄介助ができる 1.日常生活動作に合わせて移動介助が出来る 1.日常生活動作に合わせて食事介助が出来る
内容 1.電動ベットの取扱い
2.入院時・退院時ナースコール、ベッド柵
3.術後ベッド・電気毛布
1.氷枕、湯たんぽ、酸素吸入、吸引
2.車椅子、歩行器、ストレッチャー
3.体重計、身長計
4.寝具、寝衣管理
5,洗髪車、清掃車
6.洗濯機、乾燥機
7.おむつ交換車
1.おむつ交換、尿器、便器、ポータブルトイレ、トイレ誘導
2.尿量測定
排泄物の観察、報告
1.車椅子、歩行器、ストレッチャー
2.体位変換
1.配茶、配膳、下膳
2.食事介護、ベッド座位
3.内服薬確認
4.食事摂取量、食事時の状態観察、報告