理念

私たちは専門職としての社会的責任を自覚し、高い志をもって最善の看護を提供します。

基本姿勢

  1. 患者さんの人権を尊重し、安全と安心の看護を行います。
  2. 「患者中心」を最優先に考え、知識・技術・感性を磨きます。
  3. 患者さんの持てる力を信じ、丁寧に対応をします。
  4. 急性期病院としての役割を果たし、地域の皆様の健康増進を支援します。

2021年度看護部目標

  1. 看護業務の効率化を図り、安全で質の高い看護サービスを提供
  2. アセスメント力を高め、個別性に応じた看護を提供
  3. 地域社会、多職種との連携を図り、継続的な看護の提供
  4. 接遇の向上を図り、倫理的で安心できる看護サービスを提供
  5. 各委員会活動の確実な運用
  6. 健全で積極的な病院経営への参画
  7. 働きやすく、人間関係の良好な職場づくりと安定的な人材確保
  8. 効果的、効率的な病床の運用
  9. 人材育成と自己研鑽の推進

看護部特設サイトもぜひご覧ください

看護部組織図

 

 

一般病棟

76床(個室16床)看護体制10:1

平均在院日数16日
主に消化管手術・内視鏡治療、化学療法の症例と消化管出血などの救急症例を2チームで看護しています。

 

 

 

 

外来

日曜日・祝日を除き診療を行っています。

1日平均85名の受診の方々に多職種で丁寧に対応しています。外来化学療法室も担当します。

 

 

手術室(2室)

平日午後からの定例手術と救急患者の手術、中央材料室業務を担当します。
月平均25例の術前・術後訪問を徹底しています。

 

 

内視鏡室

上部・下部消化管、ERCP等、

1日平均18例
3名の内視鏡技師(Ns)が介助しています。

 

 

 

看護体制と看護提供方式

病棟部門は2看護単位 10:1看護体制をとっています。
看護提供方式は、固定チームナーシング 継続受持ち制です。
平成17年より目標管理を導入しています。

 

看護部の求人情報はこちら